気になる!介護求人比較NAVI

ホーム > コラム > 介護士の合格率を知っておきましょう

介護士の合格率を知っておきましょう

 介護士の資格は必ず必要な物ではありませんが、できれば取得をしておきたいと考えている方も多くいます。資格を取得する際には試験を受けなくてはなりませんが、試験を受ける人が気になる部分は合格率になります。どれくらいの人が合格をしているのか知っておく事によって、自分の勉強は足りないのではないかと考えて、試験に向けてしっかと勉強をするきっかけにもなります。
 今現在の合格をしている方の率は約60%になります。正確に言えば60%を少し下回っている程度になると考えておきましょう。つまり10人に約6人は試験に合格をする事ができていると言う事になります。60%近くの人が合格をしているのであれば、自分も問題無く合格をする事ができるだろうと考えてしまいますが、その考えは捨てるようにしましょう。少し前であれば60%以上の人が合格をしていました。
 今現在60%を下回っていると言う事は、合格をする人が徐々に少なくなってきていると言う事になります。あまり勉強をしなくても大丈夫なのではないかと考えてしまう方が増えてきているので、低くなってきていると分析をする事ができます。


 合格率が下がってきている理由は他にもあります。
それは働きながら勉強をしている人が多くなってきていると言う部分になります。働いている状態で試験を受けるとなると、勉強をする時間を確保する事が難しくなってしまいます。
 実際に働きながら勉強をしている方は、なかなか試験に合格をする事ができないと言う事実もあります。少し前であれば働く前に勉強をして、資格に合格をする事ができたら職を探すと言う方が多かったので60%以上になっていたと言えるでしょう。
 自分が働きながら勉強をしなくてはならないと言う状態の場合は、1日の中で勉強をする事ができる時間をしっかりと確保する事が大切になってきます。確保をする事ができない方々が増えてきているので、これからも合格をする方は少なくなってしまう可能性が出てきています。

 
 また自分が合格をするためには自分で工夫をしなくてはならない部分もあります。なるべく1回で合格をしたいと考えている方は、試験のための勉強を自分で行うのではなく、教えてくれる場所に足を運ぶようにしましょう。学校などに通って資格を受験した方の方が高い合格率になっています。
 働いていると学校などに足を運ぶ時間が無いと考えてしまう場合もありますが、仕事終わりに数時間だけ通う事ができる場所もあるので、自分で調べてしっかりと介護士の資格を取得するための勉強をするようにしましょう。

▲ ページトップへ